原状回復一括見積支援サイト
トップページ 当サイトのサービス よくある質問 見積・業者紹介依頼 会社概要

過去の施工事例
原状回復の相場

工事前の確認事項について
原状回復工事を行なうにあたり、誰もが余分な手間を掛けずに、1円でも安く原状回復工事を行ないたいと思っています。もし、あなたがすでに貸主指定の業者からの見積りを受け取っているなら、わざわざ他の業者に現地調査に来てもらうよう、お願いする必要はありません。なぜなら、貸主指定の業者はすでに貸主から工事内容を聞き、それを基に現地調査をして、見積りを出しているからです。 原状回復工事は業者によって工事内容が変わるものではありませんので、詳しい見積書があれば、多くの場合、業者は概算見積りを出せるのです。もちろん、全ての業者に現地調査をして見積りを出してもらうこともできますが、複数業者に来てもらうとなると、業者毎に時間を調整し、また立会いのために時間を割かなければなりませんので,あなたの貴重な時間が奪われてしまいます。ですので現地調査にきてもらう業者はできるだけ一社だけにすることをお勧めします。そうすることで、あなたの貴重な時間が奪われるのを防ぎます。また、現地調査をして見積りを出してもらう場合、工事金額が高くなってしまう可能性があります。確かにほとんどの業者が無料で見積り、と言っていますが、実際に現地調査に行き、工事が決まった場合、この金額が工事金額に含まれてしまうことがあります。では、もし業者が現地に行かずに現実に即した概算見積を出せるならどうでしょうか?そうです。業者側は、現地調査に行くという手間を取らずにお客様に選んで頂ける訳ですから、その分工事金額を安くすることが出来ます。もちろん、本当に信頼できる業者かどうかを確認してもらうため、また正確な見積金額を出すためにも、業者は契約前に一度現地に伺う必要があります。私たちには時間とお金に限りがありますので、出来るだけ無駄をせず有効活用しましょう!

原状回復を行なう前の確認事項
賃貸物件はそれぞれ条件や契約内容が異なりますので、原状回復工事が必要になった際は、余分な時間を費やしてしまわないよう、必ず以下の事柄を確認して下さい。

確認事項

上記を確認することで、意見の食い違いを事前に食い止めることが出来ます。

D


賃貸物件の大きさや工事内容がある程度分かっている場合でも、原状回復工事はそれだけで概算金額を出せるものではありません。また、見積書が手元にない場合や、現地調査も行なっていない場合、概算金額だけで業者を比較することは不可能です。なぜなら基準となるものがないので、業者はあまりにもザックリとした金額(実際の金額よりもかなり多め)しか出せず、比較の対象にはできないからです。 しかし、どこか一社が現地調査をして出した見積項目があるなら、その項目や平米数を基に他の業者も現実に近い金額を出すことが出来ます。また、業者は現地調査の手間が省けますので、その分、工事料金を安くすることができます。より速く、1円でも安く工事を行うために、一括見積を依頼する前に、出来るだけ以下の準備をお願いいたします。

ご準備いただくもの

これらを準備して頂くことで、複数業者に現地調査を依頼せずに一番安い業者に工事を依頼することが可能になります。

依頼するメリット

E


見積依頼

ご連絡はこちらまで

トップページ | 当サイトのサービス | よくある質問 | 見積・業者紹介依頼 | 会社概要 | 過去の施工例
 原状回復の相場 | 工事業者を比較する | 大手業者に依頼しない | 自分で廃材を処分する 
 指定業者に依頼するリスク | 店舗の原状回復 | スケルトン戻し | オフィスの原状回復 | 住宅の原状回復 
 工事前の確認事項 | 失敗しない業者の選び方 | 見積書の確認事項 | マニフェストについて | 原状回復工事とは
   パートナー会社募集 | お問い合わせ | プライバシーポリシー
当サイト利用規約
Copyright (C) 2011 見積支援.com. All Rights Reserved.