原状回復一括見積支援サイト
トップページ 当サイトのサービス よくある質問 見積・業者紹介依頼 会社概要

過去の施工事例
原状回復の相場

工事費を抑える3つのポイント

工事業者を比較する

賃借契約書に指定業者について明確に書かれていない場合は、必ず相見積を出した上で業者を決めたい、と貸主や管理会社に交渉して下さい。
あなたのお金から支払われる工事費用なのですから、あなたの意見が尊重されない場合は、裏に何かあることが考えられます。

大手企業に依頼しない

大手業者工事を依頼すると工事費用が高くなってしまいます。
なぜなら、多くの場合大手業者は工事を下請けに丸投げしているからです。
下請け業者がさらにその下請け(孫請け)に工事を依頼することもあります。
当然ですが、業者が間に入るたびに、マージンが発生し、その分工事金額も増えてしまいます。

廃材処分を自分で行なう

飲食店の業務用冷蔵庫、美容室のイスや洗面台などは、買取ってもらえる可能性が十分にありますが、その他の什器や備品などは業者に頼むより、自分で処分したほうが安く済む場合がほとんどです。
手間は掛かってしまいますが、安さを重視される方は出来るだけご自分で処分し、工事金額をうかせてしまいましょう。
トップページ | 当サイトのサービス | よくある質問 | 見積・業者紹介依頼 | 会社概要 | 過去の施工例
 原状回復の相場 | 工事業者を比較する | 大手業者に依頼しない | 自分で廃材を処分する 
 指定業者に依頼するリスク | 店舗の原状回復 | スケルトン戻し | オフィスの原状回復 | 住宅の原状回復 
 工事前の確認事項 | 失敗しない業者の選び方 | 見積書の確認事項 | マニフェストについて | 原状回復工事とは
   パートナー会社募集 | お問い合わせ | プライバシーポリシー

Copyright (C) 2011 見積支援.com. All Rights Reserved.

原状回復一括見積支援サイト - オフィス -